見出し画像

Podcast『designingcast』を始めました

取材し記事を作るプロセスは、フィールドワークだとも捉えられます。

こと特定業界に特化してメディアを運営していると、取材を重ねるごとにその業界の土地勘が養われます。また、同じテーマについて様々な観点からお話を伺うので、視点を切り替えながらテーマを俯瞰して見るという経験もできます。

もちろん、プレイヤーではない分「特定の職能を深く掘る」「実践に対する解像度を上げる」という方向では不利。ただ、抽象的に捉え、全体感を体得していくという意味では有用なアプローチです。

とはいえ、記事化を前提とした「取材」では、どうしても話を「まとめる」方向に引力が働きます。これはともすると、新たな気づきや学び、本旨からはずれるけれど本当は大切な話をそぎ落としている場合もある。また、お話を聞ける数も限られます。執筆の時間を加味しなければ動けないため、現状取材は週に一人ほどが限界かなと考えています。

この前提をふまえつつも、より業界の土地勘を深めていくために、designingでは雑談的にお話を聞くPodcastをスタートしました。

取材のように、取れ高や記事へのなりやすさを考えることもなく、特定のアウトプットも想定せず、1時間ほどのフォーマットだけを決めて、編集部が今お話をしたい人と雑談的に会話をしていければと考えています。

---

今週水曜日に配信した初回では、designingのロゴデザインや連載『デザイン読書補講』でもお世話になっている、吉竹遼さんとお話をしています。

今後も不定期にはなりますが、更新していく予定です。是非お聞きいただければとともに、もしお声がけさせていただいた際には、お時間をいただけると嬉しいです。

29
デザインとビジネスの距離を近づける、デザインビジネスマガジン"designing"です。デザイナーに向けたビジネスの視点やナレッジ、デザインという事業/産業が躍進・価値向上していくために必要な要素を探求、発信しています。