見出し画像

2017−18年のデザイン・ビジネスを考える読書のススメ #読書バトン

深津さんがはじめた 「#読書バトン」が、SCNR Inc./ THE GUILDの麦田さんから回ってきた。(ありがとうございます)

今年もあと1週間を切るタイミング。私自身年末に向けて読みたい本をワンクリックしていたタイミングだったので、「ありがたい企画!」と思いつつ、自分自身一年を振り返り、ビジネス・デザインをテーマに書籍を紹介していこうと思う。

テーマや枠組みを変えても良いとのことだったので、こちらではビジネスデザインというテーマの元、以下のようにまとめている。

・2017年の潮流を元に選書。基本的には2017年初版の書籍(1冊だけ異なる)
・ビジネス視点で読んでおきたい本を3冊
・デザイン視点で読んでおきたい本を3冊

いずれも、デザイナー・ビジネスマンとも目を通して損はない書籍だと思っている。まだ目を通していなければ、是非手に取ってみて欲しい。

ビジネス視点で読んでおきたい3冊

お金2.0
ビジネス分野の編集者としても、今年特に盛り上がりを見せた領域は金融(特にFinTech)だと思う。潮目が変わるタイミングに状況整理がてら読むといいかなと。

MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣
noteで「決算が読めるようになるノート」を書くシバタ氏の著書。ビジネスモデルがわかりやすく解説されているので、ビジネス理解に最適。

『』
正確にはビジネスを理解する書籍ではないが、素晴らしい本なので。デザインやテクノロジーに精通する法律家・水野祐氏が提唱する「リーガルデザインマインド」は、是非キャッチアップしておきたい。


デザイン視点で読んでおきたい3冊

『』
UXコンサルAdaptive Path創設者のピーター・メルホルツ氏の著書。12月22発売なのでまだ全部は読めていないけれど、良い感じにまとまっている。

『』
少し古い本なので迷ったが、まだ読んでいない人が居ればと思い。IDEO創業兄弟の著書で、デザイン思考が注目を集め始めた頃の本。理解を深めるためには良い書籍。

『』
ご存じの方も多いと思うが、Airbnbは創業者三人のうち二人がデザイナー出身だ。デザイナーが組織の中心にいる価値は必ず存在するし、彼らはそれを証明してくれると期待している。


さて、バトンなので誰かに渡す前提になる。今回は以下のお三方にお願いしたい。

・いつもお世話になっている、inquire inc・モリジュンヤさん
・noteを愛しnoteに愛された女、最所あさみさん
・ポストJay Kogamiと噂の音楽ビジネスジャーナリスト・岡田弘太郎くん


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読み頂きありがとうございます。 取材依頼/リリース送付/スポンサードコンテンツ/その他ご相談等は press@designing.jp まで御連絡いただけると嬉しいです。

16

デザインビジネスマガジン"designing"

designingはデザインとビジネスの距離を近づける"デザインビジネスマガジン"です。ビジネスパーソンがデザインに関心を持ち、デザイナーがビジネスを理解する機会提供をコンテンツを通して行い、社会のデザインリテラシー向上を目指します。

デザインビジネスマガジン"designing"

designingはデザインとビジネスの距離を近づける"デザインビジネスマガジン"です。ビジネスパーソンがデザインに関心を持ち、デザイナーがビジネスを理解する機会提供をコンテンツを通して行い、社会のデザインリテラシー向上を目指します。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。