マガジンのカバー画像

designing

185
デザインの可能性を探究するメディア『designing』のnoteです。事業に寄与するデザインから、クラフト・クリエイティブ、デザイン思想・倫理、広義にデザインと捉えられる活動ま… もっと読む
運営しているクリエイター

2018年10月の記事一覧

なぜ、Kaizen PlatformはGoodpatch, Takramと共にビジョンを作り上げたのか

「未来の働き方は既に変わりはじめている。その流れに乗って、Kaizenは"今日は異端でも明日の常識"になるような新たな働く場所をつくっていく」 2018年7月、Kaizen Platformはビジョンをアップデートした。 このビジョン作りには、2社のデザインファームが携わった。UI/UXデザインカンパニー『Goodpatch』とデザイン・イノベーション・ファーム『Takram』だ。 Kaizen Platformはなぜ、自社のビジョン作りをデザインファームへ依頼したのか

スキ
137

Capital Oneはどのように“ユーザーファースト”でデザインしているのか。

本記事はWill Fanguy氏がInVision Blogに執筆した記事『HOW CAPITAL ONE DESIGNS FOR CUSTOMERS FIRST』を公式に許可をいただき翻訳したものです。 Capital Oneは金融サービス業界の中で、『デザイン』おいて際立っている。イノベーションと優れたデザインを得意とする、彼らのプロダクトにもそれが見て取れる。同社がもっとも重きを置いているのは「顧客のニーズを満たし、期待を上回るプロダクトを作り出すこと」だ。 Cap

スキ
15

11月24日『Design Scramble』開催。designingはメディアスポンサーとして参加します

DeNAは、渋谷をクリエイティブの発信拠点にすることを目的としたデザインフェスティバル「Design Scramble」を、2018年11月24日に開催すると発表した。 Design Scrambleは、渋谷に拠点を置くクリエイティブに携わる企業が中心となり、1日がかりで各オフィス等を会場としイベントを開催する。参加者は様々な拠点を行き来し、イベントを楽しむ形となる。 メイン会場となる渋谷ヒカリエ「8/ COURT」では、トークカンファレンスが行われる他、参加企業

スキ
10